先日、甘いものが食べたくなりパン屋さんに行きました。
香ばしい香りが充満する店内で、照明に照らされたパンはどれも美味しそう。
トングとトレイを手に持ち、私はどのパンにしようか迷って目移りばかりしていました。
迷いに迷いの末選んだのは、砂糖がまぶしてあるドーナツ数個と可愛いキャラクターの描かれたチョコパン。

レジへ向かい、お会計を済ませました。
買ったパンを袋に包んでもらう間、私は財布にお釣りとレシートをしまうためにうつむいていたのですが
どこからか鼻歌が聞こえてきました。
どこから鼻歌が聞こえてくるのかな?と思い
顔をあげると、今私が買ったパンを包んでくれている目の前の店員さんがニコニコして鼻歌を歌っていました。

店員さんが鼻歌を歌いながら仕事をしているのを目撃するのは初めて!
とてもニコニコと上機嫌で歌っていらしたので、何か良いことでもあったのかしら。
何の歌を歌っているのか耳を澄ましてみましたが、ちょっとわかりませんでした。
私も楽しそうに歌う店員さんにつられて、顔が綻んでしまいました。

パンを買い終え、帰路を歩いていると日差しがきらきら輝き光を放ち暖かく、普段は取り留めもしない鳥の鳴き声や緑の木々の豊かさが
とても平和的に感じ自分に活力がみなぎるのを感じました。
おそらくパン屋の店員さんの出来事のおかげだと思います。

人が楽しそうにしていることって、
伝染するのかなと思いました。

おうちに帰り、パンを美味しく頂きとても幸せな気分になり
その日はとても心が充実しました。
私も笑顔で人の心を満たせることができるといいな。